じぶん年金をつくる!!円安たのしみなサラリーマンによるコツコツ積立投資の記録です

じぶん年金用インデックス投信をつくりたい

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
2014年:米国株投資家がこの先生きのこるには5〜金利上昇局面と、負債の大きい二つの会社〜

マルキオーネ氏がフィアットとクライスラーで成し遂げた成果を見ると、筆者は1998年にシティコープと合併する前にトラベラーズ・グループを築き上げたサンディ・ワイル氏の功績を思い出す。マルキオーネ氏と同じように、ワイル氏はカリスマ的な一匹狼で、二流ブランドを寄せ集め、執行に当たる幹部集団に支えられながら、個性のすさまじい威力を通じてもっと大きな存在に変えた。
上記引用記事より
----

シティーコープ(現 Citigroup Inc.,)との比較例がおもしろい。特に前回の記事でも書いた、金利上昇局面での資金調達という面で。


前の記事では営業CF部分を書かずにぶん投げて終わってしまったのですが、このフィアット+クライスラーの例とすごく大きく関わっています。

かつてComercial Creditから始まりKing of wall street ソロモンブランドを持っていたCitiですが、彼らは現在比較対象のフィアットなど自動車業界に比べると相当ぬるい環境にいます。

設備投資の大きな会社や不動産業(REITやMLPも)は金利上昇局面で株価の動きが鈍いです。その理由は負債がデカイ分の金利感応度ですが、調達→現金化までのサイクルに注目するとマルキオーネ氏の焦りがなんとなくわかります。

欧州自動車大手のフィアット(イタリア)が30日発表した2013年7〜9月期決算は、最終損益が1500万ユーロ(約20億円)の赤字となった。現在の会計基準に沿った前年同期は3千万ユーロの赤字だった。子会社の米クライスラーの好調が続き収益を支えた一方、ブラジルの通貨安のマイナス影響が出て、営業利益は3%増の8億5600万ユーロにとどまった。
2013/10/31 「フィアット、最終赤字20億円 7〜9月期 」 日本経済新聞
-------------------------

株価の回復に伴い利回りを探すとハイイールドやREITなどが残りますが、わたしは買いません。特にハイイールド債券とかヤダ。

景気が回復し始めると業績の悪い会社から真っ先につぶれます。なぜなら売上が低水準なのに金利上昇→借入膨らむ→資金圧迫→死亡のパターンが出てくるからです。

計画→資金調達→土地確保→工場設立→人員確保→生産→輸出→販売→売上→本国へ(ユーロでの評価)と売上が立ってもめっちゃ弱いブラジルレアルから本国のユーロ建て評価されるまで、ながーいフローを経ているのです。

銀行の見ている点は一つだけ。

「金を返してくれるか」

もし企画→現金化まですぐできるようなIT企業なら多少業績が悪くても貸します。(回収できるだろうから)
負債がとんでもなく大きいソフトバンクのような会社でも携帯電話事業は毎日カネが入ってくるので貸します。(回収できるだろうから)

どんなに大きな会社でも、有名な会社でも任意の期間で回収できなさそうな会社には貸しません。また、プレミアムが乗っかって金利が高くなります。

0:緩和で現金価値を下げる→1:物価あがる→2:企業の売上増える→3:賃金増える→4:経済の体温あがる→5:金利あがる

アベノミクスの図式でもそうですが、これ2番が駄目な会社にとって金融緩和なんか最悪なんです。超低金利なら借金楽勝なのでがんばらなくてもゾンビ企業として生き延びられる。

ただ、金利があがり始めると毎日現金が流出しているのに借金だけドンドン増えていくのです。会計士マルキオーネ氏がこの状況を長引かせるはずはないです。

2012年末→2014年初頭 この1年で米長期金利は1.6%→3%

倍じゃねーか!借金が急増する!売上が減っているのに!
というわけで、金利が上昇しはじめるとフィアットみたいな会社と、しっかり売上を建てられるクライスラーみたいな会社の株価は大きな差が出てくるのです。

その点では最初に書いたCitiなんかアメリカの中央銀行がジャブジャブ金を流し込んでくれるからこんな心配は無用なのです。

| comments(0) | - | pookmark |
2014年:米国株投資家がこの先生きのこるには4〜実力で稼いだ営業CF部分〜

銀行セクターがユーロ圏のキャリートレードに大きく依存していることだ。この取引は、銀行が緊急流動性支援プログラムにより欧州中央銀行(ECB)から低利で資金を借り入れ、利回りが高いスペイン国債を購入する仕組み。ロペス氏によると、儲けの大きいこのキャリートレードは、上場銀行の純金利収入の14%、税引き前利益の130%以上を占めるという。
上記引用記事より
------

これはすごい。どう考えても不健全です。上場企業にとって重要なのは稼ぐ力の再現性です。上記の例だとECBがプログラムを終了したら全部おわっちゃいます。これはイカン。

私がまだ米株を強くみている理由がこのような(極端な例ですが)一時的な理由ではなく、今後長期的に利益を出し続ける可能性が高いとみているからです。

たしかにテクニカル的には調整の可能性もあります。


日経ベリタス 2013.12.25
-----------

もちろんチャートも重要ですが、テクニカル分析は過去のデータから未来を想像するもの。なので前提条件によって大きくかわります。

その変わりつつある条件とは、財政収支と金利の二つです。

■金利

Bloombergより
http://www.bloomberg.com/quote/USGG10YR:IND/chart
----------------------
金利が昨年2013年半ばからぶっ飛んでます。

■財政収支
・財政赤字は,2013年度に2008年度以降初めて財政赤字が1兆ドルを下回る見通し。
(2012年度:1兆870億ドル,2013年度:9,730億ドル,2014年度:7,440億ドル)
・2016年度以降の財政赤字は対GDP比3%未満に抑えられると主張。
-------------------

金利がめっちゃあがって財政赤字も急激に縮小しています!

つづく
| comments(0) | - | pookmark |
2014年:米国株投資家がこの先生きのこるには3〜投資戦略の流行、スマートベータ〜

「海外投資家の思考プロセスと行動パターンを学ぶ」という上記引用の記事をみつけました。

機関投資家の動き(日本株を買う外人)を勉強しましょうという内容だったのですが、読んでいるうちに、わざわざわ日本人が書いた内容じゃなくて直接海外投資家の間で流行っているものを調べればいいやと思ったので、Barron'sからいくつか取り上げてみます。


時価総額加重(TOPIX、ハンセン、ラッセル、S&P500、ナスダック、FTSE100、DAX)系とは異なり、最近流行っているSmartBetaに関するものです。
文系出身の私は仕事で「スマートベータ」と聞いたときに「ゲッ!!!めんどくさそうだな〜」とおもったのですが、サイエンティフィックベータとかオルタナティブなんとか呼ばれている新しい手法のマーケティング名???として斜めにみられることが多いですね。

ゼロヘッジでもたまりやり玉にあがっているのですが、あまり日本語の文献はみつかりません。


私自身もこの辺をよんでみたり去年流行ったミニマムバリアンスとかの勉強会でちょっと話を聞いたくらい。ナティクシスAMさんとかが有名なんですかね?

Barron'sの記事に戻りましょう。

"It's not that they are necessarily smarter but rather just different," says Deborah Fuhr, co-founder of independent ETF research and consultancy firm ETFGI.

と別にスマートじゃなく別モノなだけ!とコメントしています。
ただ、記事タイトルに入れさせてもらった流行の投資戦略という見地からはすごく興味深いです。

A quarter of ETF inflows in the first 11 months of 2013 -- $41 billion -- went into ETFs that Morningstar characterizes as smart beta, bringing assets to $271 billion.

めっちゃ流入してるやん。$271billion!!!27兆円越えてるwwwwヤバイwwwwwwww
日本の投資信託市場全体でも75兆円だからね、さずがアメリカの資本市場は懐が深いわ。

初期手数料
信託報酬
パフォーマンス

個人投資家としてETFをみるときにこの3つが気になるはずですが、信託報酬なんかステート・バンガード・ブラックロックなら米株で0.05%前後な訳だし既に普通の金融商品は出し切ってしまったんですかね。
プレーンな商品は飽きちゃったのかな?
日本の投資家からすると羨ましい限りですが、アクティブETFとか激安で東証に上陸したら日本の運用会社はどうするんですかね。
東証の流動性からすると普及しそうには思えないんですが、SBIアセットのExe-iとかが更に過激になることはないのかな〜?

ちなみに、わたしは難しい金融商品よりも単純な大型株とか普通のインデックス、手が込んでる商品でも日経平均やダウやスーロストックス50とかのブルベアやレバレッジETFみたいなのでいいと考えています。

理由は次回の「2014年:米国株投資家がこの先生きのこるには4」で書きます!


| comments(0) | - | pookmark |
2014年:米国株投資家がこの先生きのこるには2〜株価水準の判断指標、CAPEレシオ?PER?〜

S&P500のPERは17〜20倍程度。1/6 Financial Timesの社説を翻訳したJBPRESSの上記引用記事によると、CAPEレシオ的には割高?バブル?説が出ているらしい。

最小値:5.31 (1917年12月)
最大値:123.79 (2009年5月)

そんなでもないんじゃね?

そもそもロバート・シラー教授(ケース・シラーでおなじみノーベル賞学者です)は過去の景気循環をなるべく排除して「株価の実力」的なものを表現しようとしてこの指標をつくったはずです。(たぶんね)

景気の循環が一気にかわろうとしている2014年初頭にそんな指標で株価を判断してもしょうがないんだぜ!

ここ数年のFRBによる量的金融緩和により大量放出されたマネーは金利を一気に下げ、お金が借りやすい→設備投資しやすい→新規需要→経済活発化→余ったカネが溢れて不動産などへ→地価上昇→米国民の借金の7割が不動産→含み益が出る→余ったカネで消費→ブランドもの売れる→さらに景気がよくなる

という動きが出ていました。
これだけみると良いことのように見えますが、超低金利で金が借りられることで、ゾンビ企業が続出したのです。
売上がないけど借金で自転車操業的な会社ですね!

景気が良くなり始めると、こういった会社が危ないのです。

つづく
| comments(0) | - | pookmark |
web上のおもてなし
ふとweb上のおもてなし(レコメンド)に関する記事を見ていておもったけど 過去の閲覧履歴と購買履歴からAという行動をする人はBを買う確率が高い系の おすすめの精度はどんな価格帯のものでも上がってるはずです。 でも日本語に関するものはすごく難しい。 たとえばこれ



上野氏が書いた本についてblog内でコメントしたら、 上野駅周辺のレコメンドがされたりする。 スーパーなづき的なものを入れたらそりゃ違う結果になるだろうけど、辞書→解析→反映のプロセスに人手が必要になってくるとなかなかむずかしいんだろうな〜。
日本の上場企業だとこのへんが関連会社ですかね。

■ブレインパッド


■ホットリンク


他にもあるのかな〜?

 
| comments(0) | - | pookmark |

Sponsored Links