じぶん年金をつくる!!円安たのしみなサラリーマンによるコツコツ積立投資の記録です

じぶん年金用インデックス投信をつくりたい

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
不確実性とリスクと試験勉強
ファイナンス理論ではリスクを「リターン(収益率)のばらつき」と捉える。リターンがどれだけぶれやすいのか、どれだけ「不確か」なのか、それがリスクだという考え方である。
 〜中略〜
 どこで間違えたのか?ファイナンス理論におけるリスクの定義を –数学 的な取り扱い易さなどのために – 分散(リターンのばらつき)としたところが間違いのもとだった。 
広木隆「金融危機の教訓 - 分散投資は効かないのか? PART2」マネックス証券 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは確かにそうなんだよね〜。
証券アナリストの試験勉強とかで頭がいっぱいになってると忘れてしまう。
この辺は勝てる証券営業マンを見分ける際に使えるかも。 

ちなみに投資スタイルって色々あるけど、大きな下げに強い投資家が稀にいる。
単純に大型株ではなく公益&高配当など複数のテーマを絞り込み、
その中でも下落した際にしか買わないとか。

ただ大部分の人が調査に時間をかけられないのも事実。
だとしたら、できるのは自分の投資スタイルを作ることくらいかな。
買った負けたで終わると経験値が残らない。 
市場でながーく生き残っている人は、
そこから抜け出して コツコツ経験値と資産を増やし、自分のスタイルを極め続けている人です。
| comments(0) | - | pookmark |
Entry Navi: << P.O.Box 957, Offshore Incorporations Centre, Road Town, Tortola, British Virgin Islands SBIの投資力〜北尾吉孝『何のために働くのか』致知出版社 2007〜 >>
スポンサーサイト
| - | - | pookmark |
Comment