じぶん年金をつくる!!円安たのしみなサラリーマンによるコツコツ積立投資の記録です

じぶん年金用インデックス投信をつくりたい

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
【MIZUHO】はじめてでも分かる「みずほ合併話」−興銀復活の巻【株価低迷】


新光証券とみずほ証券が合併=日本興業銀行復活

みずほグループの構成が普通になった。
グループ内の証券会社がやっと1つになりました。

概要編

銀行  −みずほ銀行=国内担当
投資銀行−みずほCB+みずほ証券=海外(一応)
証券  −みずほインベスターズ証券=国内担当
信託  −プライベートウェルス・みずほ信託

合併話の登場人物:
みずほCB・みずほ証券・新光証券・みずほインベスターズ証券


ストーリー編

みずほ=日本興業銀行・富士銀行・第一勧業銀行
みずほCB・みずほ証券・新光証券は元興銀で家族。
みずほインベスターズは元第一勧銀で違う。

同じグループ内に新光・インベ、二つの証券会社があって非効率だと言われていました。
みずほ証券は投資銀行なのでくくりが違います。

1、みずほCBみずほ証券
2、新光証券グループ
3、インベ

こんな感じで分かれてます。
つまり、2・3が衝突してて困ってたわけです。
特にインベはやりにくかったでしょうね。(推測)

で、効率を上げるために、元の日本興業銀行に戻しちゃおうと。

1、みずほCBみずほ証券(新光証券)
2、みずほインベスターズ証券


話をまとめると、

みずほグループ内で興銀が再結集。
となります。


問題点編

1、社内ニート増殖
2、合併が事前に察知できた可能性がある。

新光証券
新光投信株式会社
株式会社新光総合研究所
新光インベストメント株式会社
日本証券テクノロジー株式会社
新光ビルディング株式会社
新光証券ビジネスサービス株式会社
新光物産株式会社
新光プリンシパル・インベストメント株式会社
株式会社日本未公開企業研究所
新日本システム・サービス株式会社
新光証券香港有限公司
新光証券(U.S.A.)株式会社

新光グループはこんなにデカイ。
この役職員4000人を超える巨大グループが、
役職員1500人前後の一会社に吸収される。
うまくイカナイと思うけどなー。
それとも法人部門だけが合併するのかね?

もう一つ、元興銀系のアナリスト達が去年くらいから
みずほ内へ呼び戻されてる。(移籍)
「へんだねー、何かあるのかねー」との噂になった。

ちなみに、みずほ最大の失敗はリテール部門だと思われます。
母体3行カード部門(興銀カード、富士銀クレジット、第一勧銀カード)であるUCカードをセゾンカードインターナショナルへ売却したのに肝心のセゾン持分は低くグループ化に失敗。
現在、必死に強化している投信部門もセゾン投信があったのに。。。
非常に残念ですね。

▼みずほ関連記事

【松本大氏】マネックス&オリックス_ネット証券経営統合再編→再再編?1_ネット証券利益の源泉【お山の大将】
【松本大氏】マネックス&オリックス_ネット証券経営統合再編→再再編?2_マネックスの目指す場所と株主構成【お山の大将】
【松本大氏】マネックス&オリックス_ネット証券経営統合再編→再再編?3_株主構成から考える再再編【お山の大将】
スターマイカに集中投資した理由1〜頓知・セカイカメラとライブドアとTwitter〜
経済読書
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 麗子はリンゴだったんですよ。  >>
スポンサーサイト
| - | - | pookmark |
Comment








Trackback