じぶん年金をつくる!!円安たのしみなサラリーマンによるコツコツ積立投資の記録です

じぶん年金用インデックス投信をつくりたい

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
常に投資家であることの勧め1〜「ケネディクス ダヴィンチ MK アセット倒産」〜
JUGEMテーマ:ビジネス

ケネディクス!!ここから学ぶことはたくさんある。
ちなみに突然ですが、リーダーは3タイプに分けられると思う。

視野の広いリーダー
視野の狭いリーダー 
投資家のリーダー

視野の広いリーダーは主に経営者。
世の中の動向に敏感で自分の専門分野以外でもアンテナ高感度。
言い訳をしません
視野の狭いリーダーは経営層とは異なり
自分の周辺の事柄しかわかりません。
よく言い訳&自分の得意分野の話しばかりをします。
投資家のリーダーはナゼか全く専門外な分野でも、
一流の人々と対等に渡り合い、
意思決定が正確で早い。

実はGoogle,Yahooから「ケネディクス 倒産」で
検索してくる方が沢山いるのでそれについて書こうかと。
そもそも不動産市況の回復なんて誰も確実に予測できません。
ちなみに先々週の日経MJ1面によると大京の社長は
今が底と読んでいるようです。

ただ、結果として今わかるのは不動産流動化でも
スターマイカ <3230.OJ>のように規模が小さいのに
絶好調で借入れも十分に行える会社もあります。
この一瞬で激変する環境の中、
おそらく会社の命運を左右するのは経営者の意思決定。

もちろん「外部要因のリスクを回避するには視野の広いリーダーが必要だ」的な
話になるは当然で週刊誌のリーダー特集でもよく見かけます。
| comments(0) | - | pookmark |
Entry Navi: << 常に投資家であることの勧め2〜ケネディクスと投資家&経営者の素質〜 戦略と体力10〜働くということ。「量質転化」と「ネットワーク外部性」。〜 >>
スポンサーサイト
| - | - | pookmark |
Comment